banner

太陽光発電は継続的な監視と定期的なメンテナンスがポイント

太陽光発電は住宅やビルの屋根や屋上に設置するほか、近年では畑や耕作放棄地、空き地などの有効活用として設置されるケースも増えています。
これは売電制度がスタートしたことも影響しており、発電により収益が入るので、住まいやビルの電力を賄うだけでなく、売電で稼ごうという動きが加速しているためでもあります。
家庭の設備はもちろん、規模が大きな設備や遠隔地にある設備についても毎日の発電量をしっかりチェックする必要があります。
発電量が落ちれば家庭やビルの場合は、電力会社から購入する電気代が上昇してしまいますし、売電メインの設備では収益が落ちてしまい、コスト負担や機会損失が生じてしまうためです。
発電が毎日スムーズに行われるよう、定期的なメンテナンスを欠かさず行うとともに、監視機器を付けて日々の発電量をチェックするのがおすすめです。
監視機器はコンピューターシステムを通じて、パソコンやスマホなどからでも発電状況が確認できるものがベストです。
そうすれば、遠隔地に設置した太陽光発電であっても、日々の発電状況を直ぐ確認ができ、おかしいなと思ったら業者のメンテナンスサポートを直ぐに受けることができます。
機会損失を防止して、毎日しっかり発電させましょう。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.acarmatbaa.net/