banner

白内障手術は確実に進化

人は年を重ねることによって体のあちこちに老化現象が起こり、何かと不具合や不調を感じるものですが、目がよく見えなくなってくると毎日の生活が大変です。
年を重ねてきて起こる目の病気の筆頭は、おそらく白内障でしょう。
水晶体が白く濁ってきて、そのために視界にもぼやーっと白く霞がかったように見えてきます。
ただし、急になるわけではなくて徐々に進行していくために、最初のうちはさほど苦労なく過ごせますが、どんどん進行していくため、そのうち自分でも気が付くほどに見えづらくなってきます。
白内障の手術は進歩を遂げていて、よほど事前の検査などで問題がない限り、たいていの人が受けられます。
目に麻酔用の目薬をさし、効いてくるまで待ってから眼球の一部を切開し、そこから濁った水晶体を吸い出します。
その後、透き通った水晶体の代わりをするレンズを埋め込めば、すぐに視界がクリアになります。
白内障はたいてい左右の目で同時に進行しますが、通院で手術を希望するのであれば片目ずつ、入院できるのであれば両目同時に手術を行うことが可能です。
手術を受ける人のほとんどが高齢者であることを考えると、入院をして手術を受けた方が術後の観察をより慎重に行ってもらえると言えます。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.acarmatbaa.net/