banner

交通事故で後遺障害が残ってしまった場合に請求できる賠償金

交通事故では、後遺障害が残ってしまうケースがあります。
後遺障害というのは、事故で負った怪我の治療が終わっても回復の見込みのない症状が固定し、その症状が原因で労働の能力が低下したり生活していく上で影響が出たりといった症例で認定されます。
後遺障害には、等級の制度があります。
等級制度では、障害の程度などを数字で示しています。
等級の数字は1級から14級ですが、1級および2級においては要介護認定の有無でふたつに分かれますので後遺障害のランクは全部で16あります。
交通事故の被害者は、加害者に対して被った損害分の損害賠償請求をすることができます。
賠償請求できる項目は大変細かく分かれていて、後遺障害が残ってしまったケースで賠償請求できる項目に慰謝料と逸失利益があります。
慰謝料は精神的な苦痛に対する賠償金です。
入院や通院をしたことに対する傷害慰謝料と後遺障害が残ってしまったことに対する後遺障害慰謝料があり、後遺障害が残ってしまったケースでは傷害慰謝料とは別に後遺障害慰謝料を請求できます。
一方の逸失利益は、後遺障害が残って労働能力が低下したことで本来なら受け取れたはずの収入が減ったりなくなってしまうことによる損害に対する賠償金です。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.acarmatbaa.net/