banner

日差しが厳しい神奈川では外壁塗装が必要

私たちが毎日穏やかに、家族がそろって生活できるのは「家」という保護があるからです。
仕事や学校から帰る家があるということは、当たり前のように思えてとても感謝すべき事でしょう。
「家」は物理的に壁や屋根により外部から私たちを保護します。
壁を直射日光の厳しい紫外線から守っているのは、わずか1mm未満の薄い塗装膜であることはご存知だったでしょうか。
住宅建材には全て耐用年数というものがあり、壁に塗られた塗装膜にも耐用年数があります。
神奈川は梅雨時の湿度の高さと、梅雨明け以降の夏の日差しが非常に強力な地域ですから、塗装膜にとってはとても厳しい環境です。
そのため神奈川で長年住まいのトータルコーディネーターとして住宅リフォームを手がけている「サンテック」では、新築後5~6年を目安に、外壁塗装工事をおすすめしています。
新築時に使う建材には、工場ですでに塗装がされていますが、塗装膜の平均寿命は6~7年程度です。
外壁塗装工事の時にグレードの高い塗料を使うと、工事後15年前後は再塗装が不要になります。
現在お住まいの住宅に使われている塗料の材質と状況をプロの目で確認してもらうなら、今工事すべきなのか、数年後でいいのかも判断してもらえます。
神奈川の外壁塗装・屋根塗装のリフォームは株式会社サンテック

Copyright(c) 2012-2013 http://www.acarmatbaa.net/