banner

かどわきの料理の楽しみ方

麻布十番の路地裏にたたずむかどわきは東京にありながら京都の雰囲気を感じさせる佇まいです。
黒くてシックな、まるで民家のような門構えはひっそりとしていて謙虚な姿勢を感じさせます。
店に入ると美しいダウンライトを用いた照明がカウンターの白木と料理人をライトアップしています。
きれいに整列したカウンターの椅子はきちんとした店の姿勢を象徴しているともいえます。
かどわきの料理は日本料理です。
和食の老舗で修行した料理人が季節の素材を厳選し、その素材の持ち味を生かしながら他の食材やたれとからめて新しい味を作り出しています。
どの料理も比較的小ぶりにしてあるところがなかなか小粋です。
店に入った時に感じる凛とした空気、見目麗しい料理とそれにマッチしている器、素材から出てくる香しい香り、舌の乗せたときのとろけるような旨さ、会話が程よくすすむ店内の雰囲気、かどわきでは店に入った途端からお帰りになるまでの間、お客様の五感を刺激しまくります。
料理は舌で味わう以外にもこんな楽しみ方があったのか、と気づかせてくれるのがこの店の特徴です。
グルメの間で話題になるこの店、少し贅沢な料理で自分にご褒美をしてあげたいときにはとてもお勧めです。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.acarmatbaa.net/