banner

口腔内を健康に保つためにサプリメントが有効的です

歯を健康的に残すためには、虫歯の予防だけではなく歯周病の予防も大事なことをご存知ですか?
歯周病は自覚症状がないままに進行し、歯茎や骨を壊しながら最終的には歯を失ってしまう病気です。
さらにそれだけではなく、歯周病の怖いところは心臓の病気や糖尿病など大きな疾患にもつながる点で、予防することが大事ですね。
歯の磨き残しなどから、表面に細菌が付着しそれが歯周病の原因となります。
歯周病になると、歯茎が腫れ、出血もみられるようになるでしょう。
さらに口臭や口内のねばつきなどの症状が現れます。

歯周病かもと感じたら歯科を受診するのが大事です。
歯周病の治療として抗生剤の内服や、ブラッシングの指導、食事指導などがあり、治療後も予防のため歯科サプリをすすめられました。
歯周病にはビタミンCが効果的なのだそうです。
歯周病になると、歯茎のコラーゲン繊維が壊されてしまうのですが、ビタミンCは壊れたコラーゲン繊維を再生させる働きがあります。
ですから歯科のすすめるサプリメントでビタミンCを内服することは効果的なのです。
ビタミンCは野菜や果物からも摂取できますから、日頃の食生活も見直してみるとよいでしょう。
歯科で定期的にチェックしながら、口腔内を健康に保つことが大事ですね。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.acarmatbaa.net/