banner

交通事故の示談金に即答しない事が大切

現代は車社会とも言われ、その存在が無くては日本の経済は正常に回らないというレベルにまで達しています。
ですから、自動車事故をゼロにする事は難しい事なのかも知れません。
そのため自動車を運転する場合に強制的に自賠責自動車保険に加入させられますが、事故の程度や相手が重傷を負う等の場合には、自賠責自動車保険では賄い切れない為に、民間の自動車保険に加入するのが一般的です。
しかし、自分がプライベート等で自動車事故の被害者になってしまった場合、相手側は自動車保険の折衝担当を通して、やりとりをして来ます。
そして、恐らくは示談という形を持ちかけて来るでしょう。
示談のメインは支払額がどれくらいなのかという話になるでしょうが、ここで自動車保険会社の担当者の提示する通りの示談金で納得してはなりません。
場合によっては被害者側の法的な知識が無い事を悟れば、相手は示談は一度成立すれば覆せないというルールを教えてくれない可能性も十分に考えられます。
自動車保険会社の担当者は一種の営業マンですから、出来るだけ支払額を少なくしたいという思惑があるので、裁判を起こして受け取れる金額には到底満たない金額を提示される可能性は高いと見るべきです。
ですから自動車保険会社の言う通りで納得せずに、弁護士に相談してから回答する旨を伝えて、弁護士から話をして貰う事が大切です。
当該の弁護士事務所では相談料や着手金は無料なので、まずは交通事故がどの様な状況で発生したのか、示談金は幾らで手を打とうと言って来たのか等を、弁護士に相談してみて下さい。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.acarmatbaa.net/