banner

即戦力となる為に学びたい後期臨床研修

信頼される医師となる為には、スキルの高さがまず一番に求められる事となります。
また、その技術ばかりに頼るだけでなく、医療の現場で共に働くスタッフとの連携や信頼も勝ち取る必要があります。
こうした条件をクリアするには、誰もが容易にできるものではありません。
そこで必要となるのが、実際に患者さんと関わりを持つ段階になるまでの研修となるのです。
例えば、東京医科大学整形外科、関節外科、脊椎外科では、毎年後期臨床研修を募集し、その術を学びたいと希望する生徒に学べる場を提供しています。
最近注目度が俄然高まっていますスポーツ医学におきましても、これを学べる場が用意されており、研修の後は、限りなくスポーツ医として即戦力となる人材の育成に努めているのです。
研修内容に関しましては、年単位で大きなテーマが決まっており、研修当初は、主に基礎を固める内容となっています。
ただし、その学習内容は、ただ一方的に教えを請うだけでなく、それを実際に自らが体験する事や論文、学会での発表という形で、その蓄えた知識を自分なりにきちんと消化できているかを確認できるものとなっています。
このようにレベルを上げていき、5年という期間内で、医師として優れた知識、技術を有する事ができるようになっていますので、後期臨床研修で多くの医師の卵が学ぶ事を望んでいます。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.acarmatbaa.net/